ラグマットについてのうんちくは京都老舗店ジョイリビングイトオ店主が説明します
ラグのことなら京都のジョイリビングイトオへ

エコ・省エネへの役割

今回のブログ更新は、住宅事情について書きたいと思います。

貸家が3年連続の増加も、約89万戸で5年ぶりの減少に
~建築着工統計調査報告 平成26年計 国土交通省~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国土交通省が発表した建築着工統計調査によると、2014年1月から12月
までの1年間の新設住宅着工戸数は89万2261戸となり、消費税率引き上
げ前の駆け込み需要の影響が大きかった2013年と比べ9.0%の減少と
なりました。

減少は2009年以来、5年ぶり。ただし、増税の影響がなかった2012年の
戸数と比べると1.1%の増加となりました。

都道府県別にみると、前年比で増加したのは、宮城県(同7.8%増)、千葉県
(同1.5%増)、鳥取県(同0.8%増)の3県のみ。その他の地域はすべて
減少しました。

持家、貸家、分譲住宅の利用関係別にみると、貸家が前年比1.7%増の
36万2191戸で3年連続の増加となった一方、持家は前年比19.6%減の
28万5270戸、分譲住宅が同10.0%減の23万7428戸で、ともに5年
ぶりの減少に転じました。

http://www.mlit.go.jp/report/press/joho04_hh_000506.html

京都市内や京都府南部の住宅建築事情についての感想ですが、新しく開発された地域や既存の古い建築物を解体したりで、集合住宅(マンション)が建築されています。今後も増加傾向ではないでしょうか。そして、戸建て住宅では御座いますが、京都市内は建築用地が減少傾向で、京都府近郊での建築に移行しているように見受けられます。リフォーム、リノベーションしてお住みになるというご家庭も増えてきているようですね。

春以降の建築仕上がりが待ち遠しいです。

今後も、住宅事情等についても記事更新したいなと考えています。

では、失礼します。

ラグマットやカーぺットを共にカーテンと一諸に断熱を

カーぺットには断熱材があります。
すなわち断熱材の一種ともいえます。
これが省エネ効果に繋がります。

住宅の冷暖房費が随分節約出来ます。
さらに、これに合わせてカーテン等ファブリックにも配慮すると、冷暖房費の大幅な節約に繋がります。

エコな環境生活

エコな環境生活

近年、省エネ志向が広がり、国策としても「高気密、高断熱」住宅の普及推進がなされていますが、1979年に「エネルギー使用の合理化に関する法律」が制定されて以来、時代の要求と共に、その省エネ基準も見直され、改訂が継続しています。

少しの工夫で、大幅に省エネ効果が得られます。
是非、トライしてみましょう

店主

日常過ごす空間は衛生的に使いたいものですね。

健康、安全、清潔に対する人々の要求は年々高まる傾向にあります。
床材料であるカーぺットでもそのようなニーズに対応する機能性商品はあります。

抗菌防臭加工(菌の増殖を抑制し防臭効果を示す)を施されたカーぺットもその一つで、それらの製品には「SEKマーク」社)繊維評価技術協議会が制定。が付けられているものもあり、一定の性能が保証されています。

進化する消臭機能製品)
消臭機能を持つカーぺットは、悪臭を中和、分解、吸着などにより除去する機会があります。

空間を清潔にキープ

空間を清潔にキープ

近年では高齢化社会やぺットの増加等を念頭に入れた消臭製品も出ています。

ラグマットやカーぺットを共にカーテンと一諸に断熱を

カーぺットには断熱材があります。
すなわち断熱材の一種ともいえます。
これが省エネ効果に繋がります。

住宅の冷暖房費が随分節約出来ます。
さらに、これに合わせてカーテン等ファブリックにも配慮すると、冷暖房費の大幅な節約に繋がります。

エコな環境生活

エコな環境生活

近年、省エネ志向が広がり、国策としても「高気密、高断熱」住宅の普及推進がなされていますが、1979年に「エネルギー使用の合理化に関する法律」が制定されて以来、時代の要求と共に、その省エネ基準も見直され、改訂が継続しています。

少しの工夫で、大幅に省エネ効果が得られます。
是非、トライしてみましょう

店主

▲TOP