ラグマットについてのうんちくは京都老舗店ジョイリビングイトオ店主が説明します
ラグのことなら京都のジョイリビングイトオへ

カーペットのメンテナンス

カーペットとっさのお手入れ方法(汚れ防止)

 

こんにちは、今回御紹介したいのは、ちょっとした拍子にカーペット繊維に付けてしまった汚れについて

防止方法や、汚れ落としについて説明します。

 

基本ですが、汚してしまったら即対応が基本です。

汚れ落とし)

ガム・・氷片をあてて固めて取ります。布製の粘着テープをくっつけて剥がし取り、残りを爪楊枝などで取る方法もあります。
後は、アルコールかベンジンで取ります。

灯油・・粉末洗剤を掛けて吸収させます。その後、ブラシで掃い自然に蒸発させて乾かしましょう。
窓を開けると乾きやすく臭いも飛びます。

クレヨン・・汚れがひどいときは、アルコールを歯ブラシにつけて、たたくようにして取り、その後ぬるま湯で拭きましょう。

チョコレート・・ティシュペーパーで拭いてから、先にベンジンで叩いて脂肪分を取り、その後に洗剤溶液で叩き出します。

口紅・・アルコール溶液でこすり取り、洗剤を入れたぬるま湯で拭きます。

コーヒー・紅茶・・水に含ませ、よく絞ったタオルで拭きます。生クリームやミルク入りのものは薄い中性洗剤液で、古いシミはレモン片か酢で拭き取ると効果的です。

 

また、汚してしまった養分も考慮して対処しましょう。

 

油溶性—–バター、マヨネーズ、口紅、クレヨン等、油に溶け込んでいるもの、油溶性のシミは、付いた直後は、染み込みにくいので、乾いた布でつまり取ります。

 

水溶性——アルコール類、化粧水、コーヒー、紅茶、ワイン、しょうゆなど、水に溶け込んでいるもの。シミの下にティシュペーパーなどを敷き、固く絞った布で上からたたきます。たたくことで、上下の布やティシュに汚れを移し、汚れを取ります。

 

不溶性—–鉄さび・泥・墨汁・花粉等、水にも油にも馴染まないで、何にも溶けないもの。不溶性のシミは取りにくく、落とし方もさまざまなので、水分のあるものはそれだけ吸い取っておき、後でじっくりとしみ抜きに取り掛かるか、クリーニング店に相談されるのがベストですね。

 

簡単に紹介させて頂きました。

汚れ落とし、防止にトライされてみて下さいませ。

 

京都のラグ老舗店ジョイリビングイトオ

 

 

 

カーペットのちょっとしたメンテナンス

 

カーペット(じゅうたん)を永く綺麗にご使用頂くためのアドバイス

 

日常のお掃除が基本となります。

 

じゅうたん表面繊維のへこみを直すには)

凹んだ家具や椅子の足跡には、お湯を染み込ませたタオルで水分を与え、温風ドライヤーを当てながらブラッシングして下さい。スチームアイロンも効果的です。(湿度に注意が必要です。)

 

 

ほつれの直し方)

パイル繊維がほつれているのを見つけたら、決して引っ張らないで、ほつれたパイルを周りと同じ高さにハサミで切り揃えて下さい。

 

日常気持ちよくご使用頂くために。

 

 

カーペットを快適に使うには(普段)

 

あらかじめ知っておくことでお部屋も快適になりまね。

 

① 日よけのすすめ 直射日光があたる場所でのご使用は、パイルが変色したり、ラテックス(化学糊)が劣化したりして、パイル繊維が抜ける事があります。 カーテンやブラインド等で日よけされることを勧めます。

 

② 洗濯はお避け下さい 洗濯(水洗いやドライクリーニング)はお避け下さい。 取扱い方法に指定のある製品は、指示どうりに取扱い下さいませ。

 

③ 置き敷きには、滑り止めを敷き下さい 置き敷きでご使用になる場合は、カーペット自体が滑る場合がありますので、滑り止めなどを敷いて下さい。

 

➃ たるみやめくれに注意して下さい じゅうたんの端のめくれや波打ちを放置しておくと、転倒事故を起こす恐れがあります。 特に階段出入口でのたるみは、大きな事故につながるので注意が必要です。

 

⑤ 遊び毛が出ることがあります。 おろしたてのカーペットでは、パイル繊維に含まれる余分な毛が遊び毛として、出てくることがあります。 毛抜けではありませんので、掃除機で吸い取って下さい。(素材により、遊び毛が出やすいものがありますが、 品質の不具合ではありません)

 

⑥ 折れ、シワを伸ばして カーペット繊維に折れや皺が残っていると転倒事故の原因となりますのでご注意下さい。

 

⑦ 臭い 新しいカーペットには、特有の匂いがあります。 いが気になる際には、半日程度日陰しするか、室内の風通しを良くして換気を心がけて下さい。 ほとんどの場合、時間の経過と共に解消して行きます。

 

⑧ 巻き縮みや巻き癖 巻き縮みや巻き癖により、1%前後の寸法誤差が生じている場合があります。

ほとんどの場合、時間の経過と共に解消して行きます。

 

 

以上の事を気にかけて頂くだけで怪我の防止や、品物が長持ちします。 是非、おすすめ致します。

カーぺットのメンテナンスについて

遊び毛等、じゅうたん繊維は、ごみやホコリがひっかかりやすく、そのひっかかったゴミは、時間経過と共に、じょじょに周辺部に移動していく性質を持っています。

ですから、定期的に、周辺部をパイルの毛並みの沿った形で掃除機を掛けます。

最近では、カーぺット用クリーナーやシミ抜き材も市販されていますから、気になる場合は、そういった物を用いて除去するのがいいですね。

それでも汚れが落ちない場合は、専門のクリーニング業者に依頼されるのがいいのではないでしょうか。

ダニ生物等を防ぐための対処方法

じゅうたんにダニが発生した場合の対処・・・
近頃の住宅事情によりじゅうたんのダニ繁殖機会が増えています。
ダニには御存知の通り、さされたり感染したりと、人体に影響を及ぼします。
じゅうたんにもダニは生息するので防止する必要があります。

ダニ生物はたたみに生息する事が多く、特に畳の上にカーペットを敷く際には更なる注意が必要です。

対処方法としては、2つに分けられます。
第一に掃除機です。吸引力にてじゅうたんやカーペットのダニやそのエサとなるホコリ・フケ等を取り除きます。

吸引力は、掃除機の性能や製法にも影響されます。絨毯繊維の毛質がループタイプのものは吸引もしやすいですが、カットタイプ繊維タイプですと毛が密集しますので、根元への吸引力が劣ります。ダニ生物の被害を受けた事のある方はループタイプのカーペットをおすすめします。じゅうたんを叩きながら吸引するのが効果的です。繊維根元のダニやホコリ等を巻き上げて吸引します。

第二に、天日干しです。晴れの日に2日程度の天日干しをするのがオススメです。
じゅうたんの種類によって丸洗いが可能な場合は、丸洗いをしてからの天日干しが効果的です。干した後にも、ダニの死骸は残っておりアレルゲンとなってカーペットに残る可能性があるので、必ず掃除機を掛けましょう。

じゅたんや敷物にカビが付着した際には・・・
湿度・温度・お手入れ具合等によりカーペットにカビが発生してしまうことがあります。

消毒用エタノールやオキシドールをカビの発生場所に巻きましょう。
漂白剤等でも効果はありますがカーペットの色が落ちる事もありますのでご注意下さい。落ちない場合は、市販のカビ専用洗剤を使いハブラシ等使用すると効果大です。

カビ自体には見た目程の害はありませんが放置することも出来ず、またアレルギー症状を引き起こす可能性もあるので早めにに対処したいところです。
対処方法としてはまずカーペットや発生場所を丁寧な掃除機がけをしてカビ菌が飛散しないようにします。

困った際のシミについて簡単にまとめてみました。

口紅)

アルコールでこすり取り、洗剤を入れたぬるま湯で拭きます。

マニキュア)
除光剤を染み込ませた布で注意深くたたき吸い取らせ、その後、ベンジンや塗料のうすめ液でも同様にたたき取ります。

クレヨン)
ひどい汚れは、アルコールを歯ブラシにつけて、たたくようにして取り、その後、ぬるま湯で拭きましょう。

灯油)
粉末洗剤を掛けて吸収させますその後、ブラシではらい、自然に蒸発させて乾かしましょう。

窓を開けると乾きやすく、臭いも飛びます。

困った際のシミ取りについて

困った際のシミ取りについて

カーぺットを末永く御利用頂く為に参考にして下さいませ。

店主

カーぺットに付いた汚れとっさの際に汚れ対応を紹介します。

どんなに気を付けていても、ふとした拍子にシミや汚れは付いてしまいます。
少しでも汚れを最小限にとどめるよう、素早く対処したいものですね。

油溶性
バター・マヨネーズ・口紅・クレヨン等油に溶け込んでるもの。
油溶性のシミは、付いた直後は染み込ににくいものです。
乾いた布でつまみ取ります。

不溶性
鉄さび、ドロ、墨汁、花粉等、水にも油にもなじまないで、何にも溶けないもの。
不溶性のシミは取りにくく、落とし方もさまざまで、水分のある物はそれだけ吸い取っておき、後でじっくりとしみ抜きに取り掛かるか、クリーニング店に相談しましょう。

水溶性
アルコール類、化粧水、コーヒー、ワイン、しょうゆ、水等溶け混んでいくもの。
シミの下にティッシュペーパー等を敷き、固く絞った布で上からたたきます。
叩く事で、上下の布やティッシュに汚れを移します。

とっさのお手入れ(カーぺットの汚れを防ぐについて)

とっさのお手入れ(カーぺットの汚れを防ぐについて)

カーぺットを綺麗に保つ為の提案です

常に綺麗な状態でカーぺットを使用するには

「カーぺットクリーニング」と「カーぺットメンテナンス」には大きな違いがあります。

クリーニング(綺麗にする)とは外見上の汚れの除去を言います。
多くの業務用カーぺットオーナーは必要な時にだけ不規則にクリーニングをします。

しかし、あまりにも汚れを蓄積させると、簡単には元の状態に戻せなくなります。

クリーニングと対照的なメンテナンスとは、日常的にじゅうたんの外観を維持し、一貫した清潔さを維持する為に汚れを除去する事です。

効果的なカーぺットメンテナンスの開発をする際に、幾つかの事を考慮する必要があります。建造物のレイアウト、通行量、適切なクリーニング等です。

適切なクリーニングとは、3つの体系、予防対策、中間対策、回復対策に分けられます。

業務用カーぺットクリーニングではいろいろなクリーニング方法が組み合わされて用いられる他、カーぺットを常に清潔で美しい状態に維持する為には、予防的で長期計画的なメンテナンスを実施する必要があります。

クリーニング方法については、使用されているカーぺットの具合を考慮に入れつつ、プロの資格を持ったクリーニング業者さんに相談下さいませ。

今回のまめ知識は、じゅうたんを敷いている間に起こるシワやくぼみについての解決方法をまとめてみました。御参考にどうぞご覧下さいませ。

スツールや大型家具などを置いていると、じゅうたん(カーペット)がくぼんでしまったり毛の向きがバラバラになる場合もあります。

それらを直すにはスチームアイロン蒸気をかけたり、熱いおしぼりをのせるとパイル(カーペットの繊維部分)が起きてきます。

起こした後に軽くブラッシングするなどして毛並みを揃えるといいです。

また、カーペットの上にカーペットを置き敷きする場合)

敷き詰めのカーペットの上にラグなどのカーペットを置き敷き(かさね敷き)される場合、下地のカーペットのパイル形状によっては、歩行などで上のカーペットが動いたり、しわやくぼみが生じたりして転倒の原因となることがありますので、「重ね敷き」は避けください。

どうしても「重ね敷き」をされる場合は、専用ズレ防止シートや接着剤などを使用し、上部のカーペットが動かないように処置して下さい。それでもシワが生じることがございます。ご注意下さいませ。

ネコについて

ネコは決まり固定された場所でトイレをします。

違った場所でしていたらトイレを確認してみて下さい。
汚れたままになっていたりします。ネコは清潔好きですので手足を綺麗になるまで舐め続けています。その為、体内に飲みこんでしまった毛が溜まり、上手く排せつ出来なければ毛戻し(吐き戻し)をする事もあります。また、食事も器から取り出して食べる習性もある事から食べこぼしがあります。マットやタイルカーぺット等を利用すると、メンテナンスが非常に便利です。

ネコの住環境について

ネコの住環境について

臭いについて)

ぺットから発生する臭いの主な成分は、アンモニア(し尿)、メチルメルカプタン(玉ねぎ腐敗臭)、硫化水素(腐卵臭)などです。気になる臭い成分を効果的に抑える機能のあるカーぺットは有効です。

また、ホルムアルデヒド除去にも優れているものやダニの繁殖を抑制する機能を付与したものもあります。人間やぺットの健康面にも安心して御使用できるのではと思います。。

最後に、快適に過ごす為にも、ニオイや湿気には、風通しを良くする等換気にも心がけましょう。

▲TOP