ラグマットについてのうんちくは京都老舗店ジョイリビングイトオ店主が説明します
ラグのことなら京都のジョイリビングイトオへ

カラー効果について

カラーの効果についての御案内
物質や空間においての色あいについてです。

===================================

■ 進出色と後退色

色は奥行きや距離の判断にも影響をあたえるが、暖色系は手前に見えるので進出色、寒色系は遠ざかって見えるので後退色となります。
高明度、高彩度の色は進出し、低明度、低彩度の色は後退して見えます。

 

■ 派手な色と地味な色

主に彩度・明度に関係し、それらが高いほど派手に感じられます。
主に彩度・明度に関係し、それらが低いほど地味に感じられます。

 

■ 暖色と寒色

赤や黄赤などは暖かく、青や青緑などは冷たさを感じるので、それぞれ暖色・寒色と呼ばれています。緑や紫はそれらの中間にあるので中間色と呼ばれています。 また、無彩色では白は冷たく、黒は暖かく感じるがこれらは暖色・寒色には含みません。 また高彩度の色は冷たく、低彩度の色は暖かく感じる傾向があります。

 

■ 興奮色と沈静色

暖色色は気持ちを高ぶらせるのに対し、寒色色は落ち着かせる。これらを興奮色、あるいは沈静色といいます。
一般に彩度が低くなると興奮性も沈静性も弱まります。

 

■ 軽い色と重い色

硬軟感は主に明度と彩度に伴う感情で、低明度の色は硬く、高明度の色は柔らかい。
また、高彩度の色は硬く、低彩度の色は柔らかく感じます。
パステルカラーと呼ばれるような高明度、低彩度の色は特に柔らかみが感じられる。

 

■ 膨張色と収縮色

高明度、高彩度の色は実際の面積より大きく見える膨張色。
低明度、低彩度の色は収縮して小さくみえる収縮色となります。
色相では暖色色は膨張して見えるのに対して、寒色色は収縮して見える傾向があります。

 

 

▲TOP